リビング・ダイニングの記事

リビング・ダイニングに集まる家族

平成になってリビング・ダイニングのスタイルと活用が変わりました。LDKとしての広い居住空間を求め多目的に利用している。

  • ワンルーム化によって空間を広くする。
  • 家族がコミュニケーション可能な部屋。
  • 来客の少ない応接間を他の用途に転用。
  • 和室を一体化したリビングに模様替え。
  • LDKの一帯空間で生活機能改善を図る。
  • 和室空間を希望する場合一体感の利用。

・子供が中心的な家庭の場合はダイニングを中心に空間をテーブル

 家具などを広くして利用できるようにする。

・お客様などを迎えるときはリビングテーブルなどを上下調節可能

 な製品などで工夫する。

リビング・ダイニングはキッチンと合わせ、家族の生活空間としての機能を優先し、さらに、お客様にも対応できる部屋としての機能も備えるリフォームとする。