· 

タクシー配車アプリ 日本で始まる

タクシー配車アプリに中國参入

中國の配車アプリ最大手滴滴(デイーデイー)がソフトバンクと組んで日本に参入開始した。

 

中国人観光客が多い大阪からスタートすることになり順次全国展開を始める。大阪のタクシー会社12社1000台でスタートする。

 

中國では爆発的に普及している配車サービスで、滴滴(デイーデイー)が中国シエアーの80%を握っている。(ソフトバンクグループ)が出資している。

 

問題なども起こり、アリババなどの通販会社なども参入する中でシエアー競争が激化している。

 

日本で中国人観光客向けに白タク(中国人配車)が問題になっています。

 

滴滴(デイーデイー)がこの白タクも配車サービスに組み込むことがあれば、日本では問題になるかも。 

日本ではすでに他社も参入

配車アプリ全国タクシー(Japanタクシーに名称変更)

 

DeNaが神奈川県で実証、アメリカウーバーが淡路島で実証開始など、業界でも配車アプリによる、効率化などを考慮中である。

 

運転手不足や乗車率の向上に苦慮する、厳しい業界の新しい試みが、お客様に繋がっていくかおおきな転換期でもあります。

 

乗車人口も減少するなかで、配車アプリは発展するか大きな試みであると思います。

 

日本独自の規制やルールと業界の保護の中で、新しい取り組みがお客様に受け入れられるか、大きなチャレンジだと思います。 

アメリカベンチャー ウーバー

アメリカカリフォルニアのシリコンバレーから生まれた配車アプリは世界65ヶ国600箇所に拡がっています。

 

ソフトバンクグループの孫正義代表も、配車アプリサービスに投資しています。

 

中國の滴滴(デイーデイー)にも出資して、ソフトバンクと共同で日本進出をはかっています。

 

インドなどにも広めようとしています。 

中國のシエアー自転車乗り捨て

最近のニュースで中国で急増したシエアー自転車の放置された自転車が改修されて、山のように積まれている光景が報道されていました。

 

昔の中国では自転車の通勤風景の凄まじさを覚えています。成長を遂げた中国は 今、自動車大国になって、冬には排気ガス規制がかかる時代になっています。

 

そこに、乗り捨て自由で簡単スマホ決済で乗れる自転車シエアーが爆発的に増え、参入した会社が、放置自転車を回収することも出来ず倒産する事態になっています。

 

中國のベンチャー企業の凄まじさに驚愕します。

 

日本にも中國のシエアー自転車が入っています。