· 

関西国際空港 再開に向けて急ピッチ

再開に向けて関係者全力で取り組む

9月4日の台風21号の影響で関西国際空港が大きな被害を受けました。国際空港としての使命と経済の拠点空港として信頼を失墜することになりました。

 

空港運営会社(関西エアポート)、連絡橋運営会社

 

鉄道会社(JR・南海)高速道路会社、大阪府、日本政府など一日も早い再開に取り組んでいます。

 

  • 9月14日 第一ターミナル 南側運用開始
  • 9月18日 鉄道(JR・南海)全面運行開始
  • 9月21日 第一ターミナル 全面運用開始

 

世界に向けて信頼回復に全力で取り組み、想定よりも早く復旧が実現しています。 

台風21号で甚大な被害・関西国際空港の再開

24時間運航する海上空港は台風21号(9月4日)58.1mの強風と高波によりA滑走路と第一ターミナル地下の浸水被害、唯一の連絡橋へのタンカー座礁によって交通が遮断されました。

関西経済に大きな懸念が示され、運営会社・大阪府・国などが危機を回避する努力を続けています。

  • 9月4日 関空(空港島)に7800人取り残される。
  • 9月5日~6日 空港から船とバスで脱出開始
  • 9月6日 関空社長謝罪と早期再開に言及する。
  • 9月7日 連絡橋の片側車線を対面通行を実行。
  • 9月7日 B滑走路と第二ターミナルの運営開始
  • 9月7日 伊丹・神戸に国際線等の受け入れ依頼
  • 9月7日~A滑走路と地下へ浸水した海水の排水
  •     地下電気施設の浸水被害の復旧へ
  • 9月12日 大阪国際空港周辺都市協議会(10市)
  •      関空の発着便の代替運航の承諾回答
  • 9月12日 連絡橋の橋脚撤去 98m 千トン
  • 9月14日 連絡橋の橋脚撤去 90m 千トン
  • 9月14日 A滑走路、第一ターミナル一部運用開始
  • 9月18日 鉄道(JR・南海)の全面開通  
  • サクセス 90%回復 連絡道路の片側復旧急ぐ 
  • 9月21日 A滑走路、ターミナル全運用予定  

関西国際空港は台風災害と言え、世界に空港島の信頼をなくしました。しかし、日本を挙げての復旧対応に、徐々に明かりが見えてきました。大阪の復権を目指す思いが、早期復旧への大きな力となっています。一日でも早い正常な状態と利用者の回復を祈ります。