· 

トイレ 記事

10年で大きく進化したトイレリフォーム

トイレのリフォームは簡単リフォームで終わっていました。

  • 和式を洋式に替える。
  • ウオシュレット便座を取り付ける。
  • 手すりを取り付ける。

節水トイレや高齢化社会の中で、トイレの全面リフォームが増えています。政府の支援制度なども影響しています。

  • 節水トイレの普及によって省エネ・節約
  • 癒しによる健康に配慮するの環境の空間
  • バリアフリー対応の手すり、段差の解消
  • 奇麗な空間として、掃除やお手入れ簡単

トイレ リフォーム

高度成長期の中で住宅の洋風化が進み、下水処理も都心や住宅開発地域を中心に広がりトイレも和式~洋式に変わりました。

2018年現在洋式便器が99%を占めています。

  • 1960年代の公団住宅の団地は洋式便器
  • ニュータウン・開発の地域に洋式便器
  • 下水配管が拡がった地域から洋式便器
地球温暖化防止によるCO2削減のため節水トイレの普及と高齢化に伴うバリアフリー化への対応から積極的にトイレリフォームが行われています。
  • 2階などの寝室に近い所にトイレ増設する。
  • 便器だけの取替リフォームは1日で完了。
  • 和風~洋風へのトイレリフォームに約3日で完了

トイレ先進国 日本

近代国家を目指した日本は1887年に横浜の外国人居留地に日本初の下水道施設により英国製水洗トイレを設置したのが始まりです。(130年前)

  • 水洗トイレの普及
  • 洋式トイレの普及
  • 節水トイレの進化 (2006年 6ℓ 現在4ℓも)
  • 温水洗浄便座の普及

普及や進化の過程を経てトイレ先進国、日本の文化として称賛され発展しています。

家計に優しい節水トイレ

6リットルの節水便器を13リットル便器と比較した場合、節水効果は約60%

減らせるのは使用水量だけではありません。4人家族の場合、年間約45,260リットルを節水できますから、水道代は年間で約12,000円の節約になります。


トイレのリフォーム バリアフリー

トイレは小さな個室ですが、リフォームの機能が詰まった場所になります。高齢化社会を見据えたバリアフリーリフォームの実現。

  • 和式~洋式への転換を図り、かがむ負担を軽減する。
  • 出入り口や便座からの立ち上がりを補助する手すり。
  • 開口を広くするドアーに取り換え出入りを楽にする。
  • 出入り口の段差をなくしてつまずきなどを軽減する。

トイレのリフォームは介護保険の対象にもなり、減税などの支援制度の対象にもなっています。