信頼できるリフォーム会社

  • 住宅リフォームは、大規模改修~小規模改修・修繕まで大・小いろいろあります。
  • お客様は、安心・安全で信頼できるリフォーム会社を探しています。
  • 事業者は、お客様からの相談(電話・問い合わせ)のアプローチを待っています。 

戦後復興と高度成長期の住宅

1945年8月15日第二次世界大戦の敗戦国は大きな焼け野原となり、アメリカの占領下の中で、国民は飢えを凌ぎ、復興が始まりました。街にはバラックや長屋の住まいが出来始めました。

高度成長期に入ると公営住宅や、軒先を連ねた民間住宅が建ちはじめ、都心に近い地に大規模造成開発されたニュータウンに住宅が建ち始めました。

バブル崩壊と新興国台頭

経済大国(世界二位)の日本は二度のオイルショック(1973年・1979年)を乗り越え、さらに、1985年のプラザ合意(円高・ドル安の為替合意)を、金融緩和策(日銀が市場へ大量資金)で日本の消費の拡大、土地・株・会員権の金融投資など金融バブル経済を起こしました。バブル崩壊の失墜した日本経済の中で、賃金格差などにより、新興国へ生産移転が始まりました。

産業構造の変化と少子高齢化

第一次産業(農業、林業、漁業で復興。

第二次産業(製造業、建設業・鉱業)が

 度成長を支えました。自動車、電気製品

第三次産業 インフラ、通信、運輸、卸・

 小売業、金融、教育、医療、飲食、情報

 日本の産業構造の半分以上を占める。

日本は少子高齢化で、社会保障の限界、労働人口の減少と不足、観光サービスの増加など産業構造に大きな変化が起こる。


住宅に関する維持管理の大きな転換期を迎えています。

  • 戦後70年、50年に及ぶ戦後復興と高度成長を成し遂げてきた日本は、産業構造の変化と少子高齢化など大きな岐路にあります。
  • 住宅の建築・施工を支えてきた中小事業者は、高度成長期に技術と施工を結集して新築住宅を造り、日本経済を支えてきました。
  • 20年新興国の台頭と産業構造の大きな変化で、世界的競争などで日本経済のかじ取りは大きく変化を余儀なくされました。

 

四季に恵まれ、世界経済大国の中で一億二千万の人口が島国の小国として戦後復興・高度成長を遂げてきました。

一の災害列島国日本は、四季に恵まれた(地震・台風・火山噴火・・公害豪雨・豪雪・突風風水害・