リフォームのご相談会、PR等のご案内


春のリフォームフエアー開催中

今が住宅エコリフォームの利用でチャンス

昨年末の補正予算の決定に基づいて1月18日から申請が始まった「住宅ストック循環支援事業補助金」のご利用の取り組みを始めました。

過去の「住宅エコポイント」と同様で補助金で還元する制度が予算250億円の範囲内で6月末まで受付け(年内工事完了分)が始まりました。

補助金の具体的な内容については、ホームページにも掲載させていただきました。

 

省エネ断熱、玄関等出入り口の改修、水回り機器の省エネ改修、バリアフリーなどのリフォームを検討中のお客様に朗報になると思います。

この機会に補助金利用のリフォームをご検討下さい。

 

さらに、平成31年度まで延長継続されている所得税減税、固定資産税減税も併せて受けられ、大きな支援になります。

 

詳しくは、弊社担当にご相談いただければ幸いです。

 

どんな小さな工事、なんでも喜んで!

 


玄関の取替

補助金に出入り口(玄関・勝手口)の補助金が追加されました。

この機会に、1日で輝く玄関ドアーを取り換え、防犯、機能性のドア


高効率給湯器

高効率給湯器エコジョーズ(ガス)

エコキュート(電気)があります。

省エネ対象機種でガス代、電気代の節約を始めてください。ガスは排熱を利用し、電気は空気を圧縮して効率を上げた製品です。

高断熱浴槽

ユニットバスの入れ替えで、補助金の対象、窓の断熱、浴槽の断熱、ドアーの引き戸への拡張,手すりの設置、段差解消、節湯水栓などが補助

対象となります。

この機会に浴槽の入れ替えをご検討下さい。断熱浴槽などは省エネになって快適生活が始まります。


窓の断熱

窓からの熱の流入は大きく、省エネ化の必須になっています。北海道、東北で進化した窓断熱は省エネ化によって、関東・関西・九州にまで広まることになりました。

日本で進化したアルミサッシは高い熱伝導があるため内窓はプラスチック製になっています。空気層を作る内窓、真空ガラスが推奨されている

節水トイレ

節水トイレに取替、手すりの設置、取替ドアーの拡張、床の防滑、窓の断熱などが補助金の対象になります。きれいなトイレに満足倍増!


天・壁・床断熱

屋根裏、天井から2階の部屋のムッとする夏に、1階の床から底冷えする冬に日々辛抱しています。

日本では地域区分で断熱を区分していましたが、平成18年の住生活基本法の制定までは省エネ基準が低いレベルでした。省エネ化、快適生活を推進する、新築、リフォームの必須基準になっています。



同時に行うリフォームにも補助が加算されています

バリアフリーリフォーム

出入り口の幅拡張 30,000円 一箇所の改修加算

手すりの設置     6,000円 浴室、トイレ 各一箇所

段差解消       6,000円 一箇所の改修加算

バリアフリー改修として、必須改修と合わせて加算されます。


木造住宅の劣化対策工事

浴室のユニットバス設置 30,000円・脱衣室の床の耐水性仕上げ 8,000円・小屋裏換気口設置 8,000円・小屋裏点検口設置 3,000円・外壁の軸組土台の防蟻 20,000円土間コンクリート打設 120,000円・床下点検口 3,000円が木造劣化対策費用として加算されます。



リフォーム瑕疵保険

中規模・大規模リフォームには「住宅担保瑕疵保険」をお勧めします。リフォーム完了後の瑕疵に対する保険制度で、耐震、防水などの劣化部分に対して、検査と保険が用意されています。掛けたリフォーム保険の補助に、11,000円が用意されています。

耐震改修工事

この補助金は新耐震基準が満たされていることが補助金の申請と支給条件になっています。満たされていない場合は耐震工事を実施します。 補助金が150,000円加算

35年前(1981年、昭和56年)新耐震基準に法改正される以前の建物に、耐震診断、耐震設計、耐震工事がなされているか、35年前以降の建物の確認申請書類又は建物登記簿の書類提出する。