中・小規模リフォーム

リフォームで多いのは500万円以下の中・小規模リフォームです。中規模(100万円~500万円)リフォームは、家族構成の変化・設備機器の老朽化などによる不都合を改善する20年サイクルのリフォームととらえています。 都合で耐震診断・耐震工事なども同時に行います。20年サイクルで起こる中規模リフォームは新しい機器や素材を利用したリフォームで快適さと安全性を求めます。10年サイクルで行う小規模リフォームは100万円以下などを想定し、実際には30万円以下のリフォーム全体の件数の大半を占めます。

中・小規模リフォーム

500万円以下の中規模・小規模リフォームは建設工事業を持たない専門業種でも取り扱うことが出来る範囲になります。

500万円以下であっても耐震診断・工事、天井・壁・床・窓周りの断熱施工などは、知識と経験のある建設業事業者が求められます。

建設業は28業種から成り立って、それぞれの専門的知識と技術者(職人)によって構成されており、監理の必然性が伴ってきます。

  • 500万円以下の中規模リフォーム(15年サイクル)
  • 100万円以下の小規模リフォーム(10年サイクル)
  •   10万円以下の小さいリフォーム(短期サイクル)
地域密着リフォーム会社における、件数比率の70%以上が10万円以下の小さい工事だと言われています。メンテナンス・修理も含まれます。
地域密着リフォーム会社にとっては、地域に住まう、何でも相談を受け賜わるリフォーム会社としての存在感が重要になります。