大規模リフォーム

大規模リフォームは、最近ではリノベーションという言葉が使われています。日本の住宅は築年数が経てば中古物件として資産価値が大きく減少します。外国では住宅の価値は資産評価され転売も可能です。日本もリノベーションして資産価値を維持する機運が高まってきています。ただし、耐震強度、雨水対策、バリアフリー、断熱性能などの整備と長寿命化に配慮している住宅を求めています。

大規模リフォーム(戸建て)

戸建ての大規模リフォームとは、建物全体を対象として、必要な生活空間を大幅に改善し、生活環境の改善を目指します。

新しい機能性やデザイン性を採り入れ全面的なリフォームにする。

金額にして500万円以上を想定した、住空間と外部のリニューアルした大規模リフォームを実現します。

家全体の老朽した部分を取り除き、耐震・バリアフリー・省エネに配慮した長寿命化のリフォームを目指す。

  • 現行の建物の骨格を維持し環境配慮。
  • 耐震・バリアフリー・省エネの実現
  • 長寿命化住宅の視点を取り入れる。
  • 次の世代へつなぎ続ける住宅にする。
全体的な費用を抑え、工期の短縮、最小限の解体、建物の専有面積の確保、搬入・搬出の削減、確認申請・設計費用の減額などに配慮する。

大規模リフォーム(マンション)

マンションは専有部分のみ改修が許可されています。例えば玄関ドアーの色は内側のみ変更可能です。外部のサッシは変更することが出来ません。

マンションの大規模リフォームではリノベーションなどの言葉がよく使われ、内部をスケルトン状態にして大規模リフォームなどが行われています。

1000万円の大規模リフォームなどもよく聞かれます。限られた専有面積の中で如何に機能性ある生活空間を作れるかが問われます。

マンションの場合は管理組合の規約などでリフォームの制限や対応が決められています。

リフォームとリノベーションの違い

リフォームは「老朽化した建物を建築当初の性能に戻すこと」を指し、古くなったキッチンの取替や、汚れた壁紙を張り替えるなどの小規模な工事は「リフォーム」に分類される。

リノベーションは、修復だけでなく「用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりする」より良く作り替えるという目的が含まれている。工事の規模も、間取りの変更を伴うような大規模なものを指すことが多い。