屋外リフォーム

屋根リフォーム

日本瓦・セメント瓦

  • 屋根瓦は風雨、太陽光・熱から守る。
  • 屋根と基礎で決まるとも言われます。
  • 日本瓦・セメント瓦の総重量は重い。
  • 屋根重量で耐震強度比が必要です。
  • 地域によって瓦素材・色柄が変る。
  • 日本瓦は長寿命、コストは高い。

化粧スレート瓦

  • セメントと合成繊維を混ぜた瓦。
  • 厚さ4.5㎜成形表面に塗装した瓦。
  • 現在はノンアスベスト瓦に変わる。
  • 貼り換えにアスベスト含有に注意。
  • 貼り換えコストは一番安価な瓦。
  • 寿命20年程度で塗装メンテナンス。

ガルバリュウム鋼鈑

  • アルミ55%、亜鉛43.4%他の鋼鈑
  • トタン板の4~6倍錆びにくい。
  • 長寿命(50年)で軽く耐震に良い。
  • メンテナンスの必然性は余りない。
  • トータルコストは安くつく可能性。
  • 色・柄・種類が豊富にある。

 


日本瓦のメンテナンスに漆喰の補修で瓦のずれを直す。 屋根の劣化度はお客様に分かりにくいので、その場の撮影画像で確認する。

屋根瓦に、色々な種類が存在し、現在の瓦の性能とリフォームする瓦の性能比較などを詳しく説明をしてもらって理解する。

足場代、処分代、下地の補強工事などわかりにくい部分もあるので説明を受ける。

最近は突風や竜巻などの被害にどのように対応する?、よく相談しておく必要がある。瑕疵保険の対象にもなるので瑕疵保険をかける。

外壁塗装リフォーム

塗装の相談前に少し知識を!

  • 外壁塗装は訪問販売の最大のターゲットになっています。
  • 塗替え必要性ありますか、信頼できる業者の判断を!
  • 塗料の塗布材によって価格差は違い、耐久性も違います。
  • 全面塗装で50万円、70万円、100万円価格差は不透明。
  • 一般的に高圧洗浄・プライマー・下塗り・上塗りです。
  • 塗布表面の素材と塗料の選定も耐久性、変色性が重要。
  • モルタル(ジョリパット・吹付タイル・リシン・スタッコ)
  • サイデイング(アルミ・スチール・窯業系)
  • スレート・鋼材製・木製など、専門家の判断が必要です。

塗料の材料と価格・耐久性

  • 塗装の時期は新築から10年が目安と言われています。
  • 指摘されるひび割れなどは構造的なことで起こります。
  • サイデイングなど継ぎ目のコーキングがひび割れ状態。
  • 下地剤が収縮・膨張したり歪んだりしてひび割れ起こす。
  • 建築の専門家に判断をお願いすることもあります。
  • 塗装職人の経験による知識と技術能力も影響します。
  • 材料を希薄にすると塗りが楽で材料も少なくて済むが
  • 適量の材料を使わないと色むらや劣化が早まることも!
  • 建築の専門家は材料と価格と耐用年数を確認します。

外壁塗装

  • 外壁塗装の面積は塗布する㎡です。
  • 建物の坪数ではありません。
  • 足場・メッシュシート養、養生を
  • 高圧洗浄で汚れを洗い落とす。
  • ひび割れや下地の補修を確実に!
  • 色むらなどが起らない手を加える。
  • 価格と耐久性に見合う作業をする。

屋根塗装

  • 屋根の塗装だけでも足場を組む。
  • 太陽光線が直接あたるので劣化。
  • 見えない部分に細心の注意を払う
  • 断熱などの機能性も含めた塗装!

その他塗装

  • 鋼製の雨戸、サッシ周りの塗布
  • 木製窓枠、木製の玄関ドアの塗布
  • 破風板や鼻隠しなど屋根との取合
  • ガレージなシャッター及びボックス
  • 数値は枠m、雨戸シャッターの面積

家の外部は外から見える箇所になり、訪問販売の対象になりやすいい箇所です。家の外部は雨水の侵入などがあり、一定の期間での劣化対策としてリフォームが必要になります。屋根瓦の劣化、ズレなどによる対策、外壁塗装も経年劣化による定期的な塗り替えが必要です。樋などもつまり劣化による点検取替がやってきます。

ベランダ、デッキなども建築と同時に一体で取り付けることが多くあります。腐食や劣化によるメンテナンスが伴います。ベランダなどの防水が劣化し雨漏りを起こします。


見えない屋根に強要

屋根のリフォームには多額の費用が掛かります。業者によっては、少額のメンテナンスで済むことも、“今全面的にやり変えないと大変なことにる“と強要されることもあります。

雨漏りの前に点検も

長年の劣化や風雪によって瓦が割れたり、ずれたり不具合が生じて雨漏りが発生します。風向きや強さによっても現象が違います。

不具合が発生したら信頼できる業者に相談してください。

被害が広がらない初期の段階で対応しましょう。

 


外壁塗装に違い

塗装にも技術と信頼が伴います。現状の状態の表面調整作業(ケレン)を丁寧に、下地処理の塗布作業、下塗り、上塗りの最低2回の塗布作業を細かいところまで配慮した職人の技術が求められています。

業者の中でも技術の差異があることはよくわかっています。

施工・素材で価格差

油性塗料にシンナーで調整した塗料で、匂いや目の痛みがありましたが、今は下地の接着不都合以外にあまり使用しません。多くは水性塗料を使用しています。

やむを得ないときは業者がお客様、場合によっては近隣に説明をするように配慮します。

最近は省エネなどに、遮熱、熱交換塗料なども効果を生みます。


バルコニー

穏やかな日にベランダで家族でコーヒーを飲みながら過ごす楽しみを味わっています。

危ない

ベランダやバルコニーからの危険が待っています。日々気を付けて子供の安全を確認しよう

花壇の生活

花を見るゆとりを持った生活からエネルギーが生まれてきます。心の癒しに花をおいてみよう