外回り工事

オープン化する家の周り

最近は、新築の建物周りを見てください。オープン化です。

  • 防犯はオープンの方が安全(外から侵入者が見える)
  • 段差が少なくなっている。(バリアフリー化) 

門扉や塀に囲まれた家

古くは家と併せて、外回りにお金をかけました。

  • 門扉・ブロック、石垣・生垣・フェンスの塀に囲まれる。
  • 家を守る(防犯など)、境界を守る、プライバシーを守る 

外回り工事(外構工事)は時代とともに変わってきました。

  • 家を守る、境界を区切るため。門扉やフェンス、ブロック塀で囲みました。
  • 最近の傾向として外回りはフェンスやブロックで囲まれないオープンなスタイルが多くなっています。
  • 外回りがシンプルで工事費用・手入れも掛からない。
  • 門扉もありません。アプローチからポストポールを経て玄関ドアーへ繋がっています。
  • バリアフリーを考え、階段や急なスロープを少なくしています。
  • セキュリテーセンサーライト、暗くなると自動点灯する照明の設置など