同居対応リフォーム

日本は長寿命の国となり平均寿命が男性81歳・女性87歳を超しています。一方で社会は少子化が進んでいます。戦後復興を成し遂げてきた戦争前世代、高度成長を支えた団塊世代が70歳を超え高齢化社会になっています。地方から都会へ移り核家族化が進んで来ました。

超高齢化に伴う不都合も起こり、見守りを含めたライフスタイルに合った同居型リフォームを選択する家族も増えてきています。

親・子世帯の快適同居

最近の四世代同居のニュース報道がありました。70歳前後の祖父母が高齢の親と子供と孫の世代と同居する四世代同居が増えてきているそうです。

  • 超高齢化が進み85歳を過ぎた高齢者の見守り
  • 70歳で元気で親と孫の見守りを続ける。
  • 子供家族の経済状況に配慮して同居を選択
  • 女性の社会進出で共働きで孫の世話をする
  • 長寿命化住宅の維持管理を考え同居を選択。
同居を選択する場合に別々に住まっている家から同居を目指して物件を探し改装して同居を考える。どちらかの家を改装(増築)して同居を目指します。
  • 同居型住宅の支援制度には一定の条件があります。
  • 流し台が2か所、トイレが2か所あることが条件。